スナック 衣裳 通販

今すぐ見つかる!スナック衣装通販

MENU

人気のスナック衣装通販

夜のお仕事、スナックでアルバイトするならアレやコレ

夜のお仕事、スナックでアルバイトするならアレやコレ

 

( 'A`)スナックでの服装は?時給は?

スナックで働く3人に1人が着ている服装とは?

夜のお仕事、スナックでアルバイトするならアレやコレ記事一覧

スナックの服装「自由」の解釈、どこまでがNGでどこまでがOKなのかなボーダーライン

スナックの求人要項にて、よくある記載のひとつといえば、「服装・メイク」に関しては、自由という文面ではないでしょうか。スナックをはじめとした水商売、特に服装に関しては、ドレスやスーツのイメージが、いの一番に先行する世界だけに、本当に自由でいいのか?と訝ってしまうものでしょうか。これが銀座や六本木といった繁華街のクラブなどであれば、これまた服装制限が容易に想像できますが、そういったお店よりも敷居の低い...

スナックでアルバイトするならこんな服装

スナックというと、キャバクラやクラブなどと比べてちょっとライトな感じですが、女性キャストとしてアルバイトをするのであれば、男性客を相手に接客するわけですから、それなりの夜の女性としての格好をする必要があります。いくらアルバイトとはいえ、働くからにはキャスト然とした服装が求められますが、もしキャバクラなどの経験があるなら、ドレスやスーツでOKといえるでしょう。この世界が初めてという女性でも、キャバク...

スナックやキャバクラ、ガールズバーといったお店は、女性とお酒やおしゃべり、カラオケを楽しめるのが醍醐味です。男性客が女性キャストには何を求め、どんなことを望んでいるのか?お店に足を運ぶ理由はそれこそ千差万別でしょうけど、何より女性とのコミュニケーションが根本にあるのではないでしょうか。相手は男性ですから、もちろん下心もあります。せっかくお店に行ったのに、女性がジャージにデニムじゃ色気のかけらもあり...

だからスナックはドレスかスーツだって言ってんだろが!!ジーパンは厳禁!!

( ^ω^)そんなにキレて一体どうしたんですか?スナックの服装についてですよね。わたしがお店に遊びに行くときは、普通にデニムを履いていきますけど、ダメなんですか?( ^ω^)え?あー、お客さんを迎え入れる女性キャストの、本来あるべき服装についてですか。まーそうですよね~、いろいろと期待して行ったのに、出てきた女性がジーパンじゃあ、色気もなんもないですよね。たとえジーパンの下がノーパンだったとしても...

夜のお仕事であるスナックにてアルバイトをする上で、いちばん困るのが衣装が必要な点ではないだろうか。スナックの服装といえばドレスかスーツかで、おおよその相場が決まっているものだが、実はもうひとつ隠し球的に「ワンピース」が、存在していたりするのである。ただワンピースならなんでも良いというわけではなく、そこはやっぱり男性客を相手にするため、身につける衣装には、それなりのお水っぽさが伴わないと、雰囲気的に...

スナックのアルバイトで、ぺたんこ靴はNG?

カウンター越しに男性客と会話をしたり、お酒を作ったりと、基本的なお相手は1枚隔てた、お触りがないタイプのお店もあれば、キャバクラ同様に、男性の隣りに座っての接客が基本となる場合もあるスナックでのアルバイト。スナックによって多少の方針が異なるため、服装自由を謳い、キャバクラよりもカジュアルな服装が許される場合もあります。そういったお店の場合は、上述のカウンター越しのスタイルが基本となるかもしれません...

(画像はイメージです。)秋冬シーズンのスナックでのお仕事。お店によるかもしれませんが、着替えるようなバックルームなどはなくて、出かける際のファッションがそのまま、仕事着としての衣装となる場合、防寒性は皆無のドレスだと、アウターは必須となりますよね。仕事柄、出勤時間は夕方から夜間にかけて。東から昇ったお陽さまはとっくに沈み、寒々しい夜空が上空を支配する冬場の夜は、日によっては凍えそうな極寒!こんな状...

スナックのキャスト衣装でロングドレスはアリ?

お酒にカラオケと、男性客のお相手をするスナックでのアルバイト。面接が通れば翌日にでも働いてほしい!と、お願いするママも多いのではないでしょうか?いぜ仕事が決まれば、お次は衣装選びとなるわけですが、スーツかドレスかにおいて、後者を選択した場合、「ミニ」、「ミディ」、「ロング」と、おおよそのドレス丈は3タイプといえるでしょう。ミニとミディは、特にお店を選ばないけど、ロングドレスともなると、場合によって...

寒さや冷え性対策は万全ですか?スナック衣装の天敵である冬はボレロなどの小物コーデで乗り切る!

夜になるとグッと冷え込み、雑踏を行き交う人々の視線は、まばゆいネオンではなく、足元の冷たいアスファルト。そんな真冬なシーズンが到来、毎年のように訪れるこの時期、スナックで働く女性キャストたちも、冬支度を整え始めるころでしょうか。ドレスでもスーツでも、働く女性たちは基本的に薄着ですよね。お客さんを見送ったり、営業の電話をかけに、またはちょっとしたお買い物にと、室内を職場とする場合でも、外出する機会は...

男女が集う夜の世界、キャバクラだと男性客を相手に、お酒を酌み交わし、営業トークを弾ませるものですが、スナックでもそれは同様かもしれません。それは雑居ビルの中か、それとも裏路地で、まばゆいネオンを発する場所か。お店によっては常連さんがお相手となることも多く、スナックだとなおさら、顔なじみの客さんが、足繁く通ってくれるのではないでしょうか。別にマンネリというわけでもないのですが、カラオケもおおよそレパ...

スナックでもキャバクラでも、女性キャストに求められる接客スキルのひとつが、カラオケよね。歌うのが得意で、人前でも歌える度胸と自慢ののどがあれば、たちまち人気な、うたのオネエサンになれるはずよん。これだけは何とか歌える!という持ち歌が最低でも、ひとつぐらいは、欲しいところだけど、店内では「なんか歌ってよ!」と男性客からリクエストされることも多いため、ソロはもちろんのこと、一緒に歌えるデュエット曲のレ...

夜のアルバイトであるスナックでのお仕事。衣装ひとつで相手に与える印象も、ガラリと変わるものと思われますが、ではどんな服装が男性ウケするのでしょうか?スナックでのお仕事は、男性相手の商売ですので、身に付ける衣装は非常に重要な要素といえるでしょう。日本の男性は制服が大好きです。大所帯の群ドルであるAKB48が、メンバーの端から端までそれなりに人気があるのは、あの制服チックな衣装が付加価値を与えているか...

男性のスーツと同じで、キャバクラやスナックの女性向け衣装というのは、ドレスにせよ、お水スーツにせよ、お仕事という事情も手伝ってか、身が引き締まることが多いですよね。ドレスやお水スーツに着替えることによって、普段とは違う、夜の顔をのぞかせる。衣装を身にまとう女性の魅力と、服が発するオーラの合わせ技1本で、独特の色気を出すことができるはずです。凛とした女性、スラっとした女性、しっとりとした女性、ハデな...

どちらかといえば高級な雰囲気の「クラブ」、きらびやかさでは「キャバクラ」、そしてアットホームな「スナック」と、ネオン街に魅せられ、夜遊びを嗜む男性客を迎え入れる入り口は、女性にとっては多種多様と言えそうだわね。今回、フォーカスを当てるのは「スナック」よん。服装自由を謳うお店も多くて、お触りなしのカウンター越しでお酒を作り、会話のキャッチボールを交わすなどの接客を主体とする場合も多く、水商売を始める...

(画像はイメージです。)夜のお水な、お仕事といえばスナックかキャバクラか。前者のスナックの場合、雑居ビルに店舗が設けられたお店なんかだと、「会員制」の文字が威光を放っている事も、多かったりするのよね。これは、あくまでお店に足を運んでくれるお客さんが会員になるため、お店で働く女性にとっては、会員制そのものは、あてはまらないんだけど、会員制を敷いているからといって、必ずしも「一見さんお断り」というわけ...

スナックやキャバクラで働く場合、決め手となる条件は「送迎」の有無?

深夜から時には明け方まで働くキャバクラやスナックの女性キャストたち。終電がなくなってしまった場合、お抱えのドライバーが待機するお店であれば、「送迎」といって、自宅近くまで送り届けてくれるのよね。でも送迎って、複数の女性キャストと乗り合わせになる場合もあって、目的地まで必ずしも、すんなりとストレートに到着するわけでもないのよね。普通にタクシーを利用するよりも、所要時間を要する場合も多々あるし、移動距...

スナックでの働きやすさは「ママ」に左右される?

仕事先のスナックを切り盛りするのは、多くのファンを抱えるやり手のママか、それとも温厚な雰囲気が渋い、男性マスターか。水商売というと、前者の方が圧倒的にイメージが強いけど、自分の雇い主でもあるし、上司にも相当するので、昼間の仕事同様に人間関係で揉まれて、愚痴をこぼしてしまうこともあれば、その逆に尊敬したり、憧れを抱いたりすることもあるわよね。ネット掲示板などでも、よく見かけるのが、スナックのママの良...

スナックのアルバイト、履歴書に書く志望動機はどんな言葉が好ましい?

繁華街にそびえる雑居ビルのワンフロアだったり、駅前のネオンが眩しい裏路地に、軒を連ねるお店であったりと、夜の社交場であるスナックの風景は、都心や繁華街、場末と、そのフィールドもさまざまでしょうか。スナックで働く場合、昼間のお仕事に加えての副業として、もしくは夜の世界にどっぷりと浸るべく、本業で稼ごうと考えている方もたくさんいらっしゃると思います。魅力はキャバクラよりもノルマなどのハードルが課せられ...

とにかく急ぎ!何をそんなに急いでいるのかといえば、夜の稼ぎにも直結するといっても過言ではない、ドレスの到着を急いでいるわけよね。首を長~くして待っていた商品が到着、いざ開封の儀を経て、パカリと開いたダンボールから飛び出すのは、自分がイメージした通りのドレスか、それとも海の底深くにでも沈めてしまいたくなる「なんじゃこりゃーー!」な1着か、どちらも通販の醍醐味にして、よく起きる「あるある」でもあります...

スナックの同伴で最適な服装はドレス?それともワンピース?

ここは銀座か、場末の駅前ローカルエリアか、アスファルトの上を歩く人々で満たした、大きな通りに面した雑居ビルの階上か、それともアンダーグラウンドな地下のフロアか。男性客と、飲んで歌っておしゃべりをして、お客さんを呼ぶために、電話にLINEにメールにと、陽が高く昇ろうが、月夜に照らされた夜だろうと、日夜、営業、営業、色恋営業と、スナックでのお仕事は、何かとたいへんですよね。お店のなかでのお仕事がメイン...

【体入】スナックの短期アルバイトならWワークも可能?

お昼のお仕事と比べて、時給も魅力なスナックでのお仕事。水商売の世界が初めてならもちろん、経験者であってもお店の雰囲気や客層など、目星をつけた新天地の様子は気になったりするわよね。お店の外観だけでは、中はどうなっているのか分からないし、分からないものほど、外からばかり見てしまうものかしらん。ココで働いてみたいけど、自分に務まるかどうか...そんな不安に駆られる女性は多いものよね。それでも、世の中には...

スナックドレスのアクセサリーコーデは激安イミテーションでOK?

いつもドレス姿が多い叶姉妹。彼女たちは豊満なバストや、キラキラと輝かせたお肌の露出を武器としておりますが、身につける宝石の数々はウン億円は下らないといわれていて、なかにはお値段「時価」なんてのも珍しくはないようです。スナックで働くうえで、ドレスやスーツは欠かせないお仕事用の衣装ですけど、さすがに超高級な貴金属やアクセサリーを日頃から身につけるわけにはいかないわよね。でも、アクセサリーとドレスの相性...

指名が取れる、取れない。お客さまをお店に呼べる、呼べない。キャバクラだろうと、スナックだろうと、夜の世界に身を置く女性にとっての「至上命題」となります。集客できるか否かで、自身の待遇はもちろんのこと、時と場合によってはママからの当たりも変わったりするのも、スナックの世界ではよくあります。スナックでは、キャバクラやクラブのように、明確なノルマや指名などがない場合が大半ですが、いかにしてお客さんをお店...

お店の入り口越しからカラオケの歌声が聞こえてきて、思わず「なんの歌だろう?」と、脳内のミュージックボックスを引っ張りだしたり、キャッチのお兄さんが点在するような繁華街の一角にある雑居ビルに同居するフロアへのエレベーターがいつもの出勤風景などなど、夜の世界であるスナックやキャバクラで働く女性たちの日常は人それぞれ、今夜もお茶ひく徒然か、それとも今宵は太客の大盤振る舞いか。全体的にあまりにもお客さんを...

スナックを主戦場として働くレギュラー陣は、お客様と食事に出かけたり、ゴルフの打ちっぱなしに連れて行ってもらったり、プライベート返上でのお付き合いも増えたりと、売れっ子ともなると何かと忙しいものですが、それでも多忙を極めなくてはならないのが、お店の営業ですよね。この場合、キャストよりもママの方が大変ですけど、水商売には季節ごとのイベントも多く、独特のカレンダーといいますか、年間行事のようなものが数多...

オンナとしての色艶も円熟味を迎えるアラフォー。20代女性が盛んな水商売の世界において、40代の女性に居場所なんてあるのか?結論から先に申し上げますと答えはYESです。理由としてはいくつかありますが、若い女性には出せない落ち着いた雰囲気や、妖艶さはアラフォーの特権であり、そういった女性を好む男性は意外と多いものです。また、需要もあります。スナックに追い風、空前の熟女ブーム!?お笑いコンビ・ピースのツ...

時給や日給と言ったお給料の面では、ノルマや指名獲得が厳しいキャバクラ何かと比べてしまうとちょっとトーンダウンしてしまいますが、お客さんを呼べないことにはお話しにならないのはスナックも同様でしょうか。スナックの勝負服といえばキャバドレスひと口にスナックといっても、お店によってはカウンター越しの場合もありますけど、お客様のお隣りに座る接客が主流でしょうか。そうなると、身につける衣装はやっぱり色艶のある...

スナック 服装 しまむら

キャバクラのように獲った、盗られたという指名合戦もなければ、課せられる重ノルマも存在しない夜のお店スナック。住宅街の片隅にあるような場末感満載のスナックもあれば、繁華街に進出したお店もあったりと、スナックの店構えはさまざまですが、キャストとして働く女性の服装に関しては、ちょっとした地域差があるかもしれませんね。今回はスナックで働く女性の然るべき「盛装」について考えてみました

【スナックの服装】デブでも着られる男性ウケバツグンの衣装とは?

やれ、指名だ同伴だと、厳しいノルマがない分、キャバクラよりも働きやすいと言われるスナック。常連さんに囲まれたアットホームな雰囲気とよく言われますが、最近では女性客も増えるなど、夜の社交場もだいぶ様変わりしています。それでも基本となる客層は男性が中心となりますので、彼らを満足させるには笑顔と洗練された接客術、そして夜のオンナを演出するためのセクシーな服装、これこそがスナックで働くうえでの「3点セット...

【スナックの服装】パンストではなくタイツの着用はOKですか?

ナイトワークの求人欄でよく見かける「服装自由!」という文言。スナックのアルバイト募集ではよく見かけるフレーズですが、ホントに自由かと言われればウソになります。お店を切り盛りするママからすれば「オトコ受けする服装」をキャストに期待するものです。特に足元だけはコーデに気を払いたいところですが、よくあるのが「タイツ着用は大丈夫ですか?」という質問です。以下ではスナックの服装におけるタイツの着用は、アリか...

【スナックの服装】20代なら今しか着れないデート服を意識したコーデ

日頃から、私服OK、服装自由!みたいな文面をスナック関連の求人でよく見かけます。これを真に受けてホントに私服で良いと思いこんでいる女性も少なからずおりますが、男性相手の商売ですので、働くからには「男性ウケ」を意識しないといけません。今回は20代の女性がスナックでアルバイトする際、どんな服装がマッチするか?最適なファッションについて追求してみました。

【スナックの服装】30代アラサー女子は露出が怖いなら膝丈美人を狙え

アラサー女子がスナックで働くケースが近年、増えていると聞きます。なかには10代~20代で水商売を始めて、気がついたら30代になっていた!という女性も大勢いると思いますが、30歳をすぎてから、初めて水商売の世界に足を踏み入れるというパターンも今後は多くなっていくのかもしれません。30代になると、いちばん困るのがスナックで着用する服装です。20代までなら気に入ったトレンドアイテムでも十分なのですが、3...

【スナックの服装】40代はモノトーン系でまとめろ!鶏ガラになるな!

アラフォー女子のスナック勤め。年齢をかさねるごとに疲れが取れにくくなったり、風邪がなかなか治らなかったりと、「やっぱり若い時とは違うな~」と思ったりするものです。なにより人との会話のはじまりが老いの話題だったりと、人生いろいろ、オンナもいろいろですよね。そして40代になると一番困るのが服装に関するお悩みです。10代、20代のようにミニスカはムリだし、40代だからといってお色気で売るスナック商売でバ...

【スナックの面接】後日連絡しますと言われたけど電話が来ない...

水商売っていまだに面接はだれでも受かると思われがちですが、スナックでもキャバクラでも落ちる人はふつうにいるものです。お店の雰囲気と合わないとか、ママが求めているような女の子じゃなかったとか、不採用の理由はいろいろですけど、面接後に「合否は後日連絡します」と言われた経験を持つという女性は多いのではないでしょうか?連絡が来ることを信じて、スマホの充電をこまめに気にかけ、トイレに入る時もスマホと一緒だっ...